自分の見通せる範囲を常にチェックする


昨年に続き、今年もどうなるか、先行きが不透明な1年になると思います。先が見通せないと不安が大きくなってしまいます。

そんな時は、不安が大きくなる前に、自分よりも先が見通せる人に聞いてみると良いと思います。おおよその方向性が分かるだけでも、不安は軽減されます。

しかし、誰も先が見通せないこともあります。その場合は、「分からないことは分からない」と、ある程度割り切ることも必要だと思います。

誰もが分からない遠い先を見るのではなく、自分が見通せる範囲を常にチェックして、「自分の予想とずれてきている」と感じたら、すぐに軌道修正していくのが良いと思います。

自分の予想と大きくずれたところで軌道修正しようとすると、多くの時間と大きな労力が必要になります。

そうなる前に、「ちょっと予想とずれたら軌道修正」を繰り返していけば、少ない時間と小さい労力で済みます。

今、自分がやるべきこと、できることを一歩一歩着実に続けていくことが大切であると感じています。

関連記事