自分で考え、新しいアイデアを出せるように意識する


今回のコロナ禍で、今までの常識が通用しなくなってきています。

これからは、言われたとおりに行動するだけではなく、きちんと自分で考え、窮地に陥ってしまった時に、新しいアイデアを出して、勇気を出して行動できる人が必要とされてくるのだと思います。

私は仕事柄、飲食店のオーナーと話をすることがあるのですが、先日、個人で経営されているお寿司屋さんと話をする機会がありました。

飲食店は軒並み売り上げが激減、撤退する店舗もあります。また、店舗への来店数が少なくなり売り上げが低下、そのため、今より面積の小さい店舗に移転して、テイクアウト専門に業態変更するケースもあります。

お話をしたお寿司屋さんは、昨年の緊急事態宣言で店を一時的に閉めざるを得なくなった時、その間、テイクアウト用のメニューを考えて、テイクアウト用の設備を準備されていました。

そして、緊急事態宣言が解除されてからすぐに、テイクアウト販売を開始しました。現在は、テイクアウトと店内飲食を行っています。

ただ、店内飲食よりもテイクアウトの方が顧客単価が少なくなってしまうため、以前のような売り上げには戻っていないようですが、コロナが治まるまで、この方法で耐え忍ぶとお話しされていました。

もし、テイクアウトをせずに、何もしなかったら、存続が難しかったかもしれません。

売り上げが下がっている中、テイクアウト用の器やショーケースなど、追加で費用がかかることになります。もし、テイクアウトがダメだったら、その費用が無駄になってしまいます。

このお寿司屋さんがテイクアウトをやったのは初めてで、本当に売れるのか不安もあったと思います。

このような不安の中、行動していくには勇気が必要です。

自分で考え、変化を恐れず行動していくことの大切さを学びました。

関連記事