今日やったことを毎日記録して、数ヶ月後に振り返ってみる

私は、日々の行動をシステム手帳とパソコンで記録しています。


「ランニング」「読書」「パン作り」「ブログ記事作成」「買物」など。何でも良いので、自分が行動したことを記録していきます。

日々やったことは、ちょっとかもしれませんが、記録を続けて、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に振り返ってみると、自分が思っていたよりも、たくさんのことをやってきたことを実感することができます。

「何もやっていない気がしていたけど、結構色々やってきたんだ!」

これが、自分の自信につながっていきます。

例えると、階段を一段ずつ登っていく感覚です。


階段を登りきったところで、階段を振り返ってみると、「最初は一番下にいたけど、一番上まで登りきった」と実感することができます。


たった一段でも、それを繰り返すことで、一番上まで着実に近づいていきます。

関連記事