その日にあった良いことを毎日3つ書くと幸福度が高まる


モチベーションが下がってしまって、気分が乗らない時があると思います。

そんな時は、その日あった良いことを3つ手帳に書き出してみましょう。これを続けることで幸福感が高まります。ポジティブ心理学のセリグマン博士が研究された方法です。

スリー・グッド・シングス(Three Good Things:TGT)
1.毎日寝る前、その日にあった良いことを3つ記録することを1週間継続
2.その後6ヶ月間幸福度が上昇して、抑うつ度が低下
米ペンシルベニア大学セリグマン博士の研究による

毎日記録することで、自分のやったことを可視化することができます。自分の行動が客観的に可視化されることで、「自分は行動できている」と感じることができ、その結果、満足度が向上していきます。

関連記事