部下に嫌われる最大の理由とは?部下に好かれるためにリーダーがするべきこと。



もしかしたら、部下に嫌われているのではないか?

「部下が自分の言うことを全然聞いてくれない。もしかしたら、自分は部下から嫌われているのではないか?」このように悩んでいるリーダーは多いと思います。

なぜ、部下に嫌われてしまうのでしょうか?

リーダーは自分のために動いてはいけない

部下に嫌われてしまう理由。それは、「リーダーが自分の利益や保身しか考えていない」と部下に思われているからです。

「部下の手柄を自分のものにしてしまう」「いつも言い訳をする」「部下の意見を聞かない」「すぐ怒る」

他にも色々とあると思いますが、リーダーが自分自身の為だけに仕事をしていると、部下はそれを見抜きます。

リーダーの仕事とは何か?

「リーダーの仕事とは何でしょうか?」それは、部下の能力を最大限発揮してもらい、チームの成績を上げ、それを会社の貢献につなげていくことです。

部下が成果を上げるということは、それがチームの成績となり、リーダーの成績にもつながっていきます。

部下の成績が良過ぎると、「リーダーの面目がつぶれてしまう」とか、「尊敬されなくなってしまう」と思われがちですが、そうではありません。そもそも、リーダーと部下に求められているスキルが違うからです。

部下の成長を願うリーダーは慕われる

いつも部下の成長を願い、部下のために動いているリーダーは、部下に信頼され、尊敬されます。

自分の能力を発揮させてくれる環境を提供してくれる上司は、間違いなく部下から尊敬されています。

実は、部下がリーダーより優秀になるという事は、部下の能力を最大限発揮できる環境を創り上げる、リーダーの能力の高さそのものなのです。

優秀なスタッフが優秀なリーダーになれるとは限らない

リーダーに求められているスキルは、スタッフ時代に身につけたスキルとは異なります。

優秀だったスタッフが認められてリーダーに抜擢されたのに、チームをまとめられずに、チームの成績が思うように上がらないというケースはたくさんあります。

例えば、高校野球のキャプテンが補欠というケースは、聞いたことがあると思いますす。それはプレーヤーとしてのスキルと、チームをまとめ上げるスキルが異なるからです。

野球のセンスが低かったとしても、人をまとめるスキルが高ければチームのキャプテンになることが可能なのです。

「名プレーヤーが必ずしも名監督にはならない」と言われていますが、仕事でも同じことが言えます。

リーダーになったら、リーダーに必要なスキルを身に着けていく必要があるのです。

関連記事