なぜ、あなたは目標を達成できないのか?途中であきらめないで続ける方法



なぜ目標が達成できないのか?

「目標を立てているのだけど、いつも3日坊主になってしまう」「途中であきらめてしまって目標達成できない」という人は多いと思います。

このように、目標が達成できずに途中であきらめてしまう人たちには、ある共通点があります。その共通点とは、動機が弱いということです。動機とは「意思を決めたり、行動を起こしたりする原因」を言います。

動機が弱いとは、「なぜその目標を立てたのか?」「なぜその目標を達成しなければならないのか?」この部分が弱いということになります。

動機が弱いとどうなるのか?

例えば、ダイエットをするとします。ただなんとなく、「ダイエットしようかなぁ~」では、長く続きません。

このような意識で始めたとしても、「面倒だから嫌だ」「今日は雨が降っているからジョギングしたくない」「おなかが空いたから、お菓子を食べよう」とか、ちょっとしたことであきらめてしまうのです。

目標を達成したいという、強い思いを見つける

途中であきらめることなく、目標を達成させるには、強い動機が必要になってきます。

例えば、「1ヶ月後の結婚式に着たいドレスがあるけど、ちょっとサイズが小さくて着れない。結婚式までに、どうしてもこのドレスを着れるようになりたい」このような動機であれば、何としてもドレスが着られるように、行動を起こすと思います。これが強い動機になります。

・今まで着れなかったサイズのドレスを何としても着たい
・友達に「太ってるね」と言われたので、見返してやりたい

など、「何でその目標を達成しなければならないのか?」を一生懸命考えるのです。目標を達成したい動機がたくさん出てくれば、目標達成の可能性が上がります。

一方、一生懸命考えても、何も思い浮かばない時は、その目標は自分が今やるべき目標ではないのかもしれません。

目標を達成した時にあなたはどうなっていますか?

あともう一つ、大切なことがあります。それは、目標を達成したらどうなるのかをイメージすることです。先の例で言うと、

・着れなかったドレスが着られるようになって、素晴らしい結婚式ができた
・友達から「やせたね~、すごい!」と言われた

など、目標を達成したときに自分がどうなっているのかをイメージするのです。このイメージがより鮮明になってくると、やる気につながり、目標達成に近づいていきます。

関連記事