相手の期待を上回るスピードとクオリティを心がけると評価が上がる



相手の期待を上回るアウトプット

仕事に限らずプライベートでも、人から何かを頼まれることがあると思います。

私が相手から何かを頼まれた時に気をつけているのは、「相手の期待を上回るアウトプットをする」ことです。

相手の期待はその時によって内容は異なりますが、大きく分けると「スピード」と「クオリティ(質)」があります。

簡単なことはその場ですぐにやってしまう

簡単な頼まれごとは、すぐやってしまいます。時間的には30分以内に終わるのが目安です。

特に、スピードにはこだわっています。そのため、「あれっ!もうできたの!」と言われることが多いです。

「もうできたの!」と思われていると言うことは、相手が考えている時間よりも早くできたことになります。

早いけど質が低いのはダメ

しかし、早いけど質が低いのはダメです。相手が求めているよりも質の低いものだと、やり直しをする必要があります。そうなると、さらに時間がかかってしまいます。

しかも、相手は「私が言ったことを理解していない」と判断し、あなたの評価が下がってしまうことにもなります。

そして、あなたに頼みごとをしても期待したものができないので、二度と頼みごとをしてこない可能性もあります。

そうならないためには、相手から頼まれた時に、「相手はどのくらいの質(クオリティ)を要求しているのか?」を見極めることが重要です。

相手が求める質(クオリティ)を守りつつ、さらに早くできれば、相手の期待を上回ることができます。

「この前頼んだのできた?」と言われないようにする

一番避けたいのは、「この前頼んだのできた?」と言われることです。

このように言われてしまうのは、相手が想定している時間をオーバーしていることになります。だから、「この前頼んだのできた?」と言われるのです。

私はそうならないように、いつも気をつけています。

関連記事