目標達成への行動が苦行でも続けられる方法

  
 

苦行と感じることもやらなければならないこともある

以前書いた記事で、「苦行をしなければ達成できない目標を、あなたは立てるべきなのでしょうか?」と書きました。


しかし、目標を達成させるためには、楽しいことばかりではなく、苦行と感じることもやらなければならないこともあります。

むしろ、まったくストレスなく、楽しいことだけをやっている人は少ないかもしれません。

この苦行と感じることを頑張ってやり切るには、「〇〇のために頑張る」がポイントになると考えています。

例えば、マラソン。

「フルマラソンの大会に出て、3時間を切りたい!」という目標を立てたとします。

なかなか目標タイムが出ずに、悔しく思ったり、「何で出来ないのだろう」と悩むこともあるかもしれません。日々の苦しいトレーニングにも耐えなければなりません。

しかし、「フルマラソンの大会に出て、3時間を切りたい!」という思いが強ければ、苦しいトレーニングにも耐えることができます。

そして、「フルマラソンの大会で、3時間を切った!」という実績が出たら、この上ない喜びを感じると思います。

つまり、「自分の目標達成のために頑張る」と言えます。

例えば、仕事。

生活していくためには、仕事をやってお金を稼がなければなりません。

仕事のやりがいと言うと、「会社に貢献する」「お客様の要望に応える」ことが基本になると思います。

難しい仕事を完了させて、上司に「よくやった」と言われるとうれしいですね。もっと実績を上げて、より重要な仕事をやってみたいというモチベーションにもなります。

お客様から「あなたにお願いして良かった。ありがとう。」と言われると本当にうれしくなります。そして、「もっとお客様に喜んでもらえるようになるにはどうしたら良いか?」と考えるようになり、それが仕事のスキルアップにつながっていきます。

大変な仕事の中でも、このような場面があると、仕事にやりがいを感じて頑張ることができます。

「会社のために頑張る」「お客様のために頑張る」と言えます。

例えば、家族。

私は、「会社のために頑張る」「お客様のために頑張る」以上に大切にしていることがあります。

それは、「家族のために頑張る」です。

家族が安心して生活できるように、仕事で実績を上げてお金を稼ぐのです。お金がすべてではありませんが、お金があることで、家族が安心して生活できる基盤を作ることができます。

仕事が大変だったとしても、家族と一緒にご飯を食べて、一緒の時を楽しんで過ごすことができれば、これからも「家族のために頑張ろう!」となります。

家族が喜んでいる姿を見ると、心が穏やかになり、ずっと、この時を過ごせれば良いな・・・と思います。

おそらく、この記事を見ているあなたも、家族のために頑張っているかもしれませんね。

最も大切なのはあなた自身を大切にすること

しかし、「会社に貢献する」「お客様の要望に応える」「家族のために頑張る」よりも大切にしなければならないことがあります。

それは、「あなた」です。

「会社のため」「お客様のため」「家族のため」だからといって、必要以上に頑張りすぎるのは良くありません。

あなた自身の限界を超えて頑張り過ぎると、メンタルを壊してしまうことになってしまいます。

「会社のため」「お客様のため」「家族のため」に頑張るには、「あなた」が元気でなければなりません。

もし、「もうこれ以上は難しい・・・」と感じたら、早めに身の回りの人たちに助けを求めましょう。もし、助けを求める人がいないのであれば、その場所から身を引くことも考えましょう。

関連記事